« いい天気だな~ | トップページ | 難しい話 »

2008/04/05

天台宗の別格本山「書寫山圓教寺」が動いた!

===以下転載します===

【Free Tibet】チベット トピック

天台宗の別格本山「書寫山圓教寺」が動いた!
2008年04月05日 12:18 もりきち  

チベット問題で日本の仏教会の一部にも動きがあった!!

 4月5日11時ごろ、関西テレビの「ぶったま!」という番組でそれは紹介された。「今週のNEWS20面相」というコーナーで青山繁晴氏がニュース解説をするのですが、そこに天台宗の別格本山である書寫山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)の大樹執事長が生出演、自らの言葉で声明を出されました。

 全文、テレビからの口述筆記。まずは読んでください!

 「いま私たち日本の仏教者の真価が問われています。チベットでの中国の武力行動によって、宗教の自由が失われる事に、心から悲しみと止むに止まれぬ抗議を表明せずにはいられません。私たちはあくまでも宗教者、仏教者として僧侶をはじめとするチベット人の苦しみをもはや黙って見過ごす事ができません。

 チベット仏教の宗教的伝統をチベット人の自由な意思で守ると言う事が大切な基本です。皆さんは日本の全国のお坊さんがどうしているのかとお思いでしょう。日本の各宗派、教団は日中国交回復の後、中国各地でご縁のある寺院の復興に力を注いできました。私も中国の寺院の復興に携わりました。

 しかし、中国の寺院との交流は全て北京(政府)を通さずにはできません。ほとんど自由が無かった。これからもそうだと全国のほとんどの僧侶は知っています。そして日本の仏教教団がダライ・ラマ法王と交流する事を北京(政府)は不快に思う事も知られています。あくまでも、宗教の自由の問題こそ重大であると私は考えています。

 しかし、チベットの事件以来、3週間以上が過ぎてなお、日本の仏教会に目立った動きは見られません。中国仏教会が大切な友人であるなら、どうして何も言わない。しないで良いのでしょうか?

 ダライ・ラマ法王を中心に仏教国としての歴史を重ねてきたチベットが今、亡くなろうとしています。私たちは宗教者、仏教者として草の根から声をあげていかなければなりません。

 しかし、私の所属する宗派が中国の仏教会関係者から抗議を受けて、私はお叱りを受ける可能性が高いし、このように申し上げるのは私たちと行動を共にしましょうという事ではないのです。それぞれのご住職、壇信徒の皆さんがこれをきっかけに自ら考えていただきたいのです。

 オリンピックに合わせて中国の交流のある寺院に参拝予定の僧侶もいらっしゃるでしょう。この情勢の中、中国でどんなお話をされるのでしょう。もしも宗教者として毅然とした態度で臨めないのならば私たちはこれから、信者さん檀家さんにどのような事を説いて行けるのでしょう。私たちにとってこれが宗教者、仏教者であるための最後の機会かも知れません。書寫山圓教寺執事長大樹玄承 平成20年4月5日」

 この叫びは偉大だと思います。自らを省みず、同じ宗教家に「考えてほしい」と呼び掛けた。これはすごい勇気だと思います。このメッセージが世界中に広がる事を心から願います。
 テレビでも青山氏は「どうぞこの中見をネットでどんどん書いてください」と言われてました。せっかく書き起こしたので、この口述筆記を使ってもらっても良いです。

 これは宗教だけじゃない。自由を守る闘いです。私たちは安全な場所で声を上げる事が出来るのです。

=== 以上 ===

出典 ミクシー 【Free Tibet】チベット トピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=29759670&comm_id=7228
↑では、YouTube映像も見られます
(が、妨害工作にあって消されまくっています。負けるな……!)

せめて、少しでも多くの人の目に触れますように
今回ばかりは 「なかったこと」にさせてはいけないと思います。武器を持たぬ人間を武力で押さえる。21世紀になってもまだこれを続けたら人間の世界に先はありません。 

仏教界も捨てたもんじゃなかった!
両足くらいは突っ込んでいた身としては、ほんとうに嬉しいです! その勇気と真摯さに拍手!

書寫山圓教寺(しょしゃざんえんきょうじ)は姫路の書寫山にある、姫路城よりも古い(らしい)お寺です。ケーブルカーでのぼる山ひとつが修行の場になっています。

圓教寺はラスト・サムライの映画に出てくる、渡辺謙の屋敷の舞台になった場所だそうです。偶然に訪問してからその荘厳なふんいきの虜となり、何度か訪れたことのあるお寺です。

その屋敷の舞台脇にはトム・クルーズが滞在したというお茶屋さんがあり、そこで休んでいるとき「こんにちわあ!」とイチゲンさんの、茶髪だったり・ひょろひょろだったり・髭だったりする大学生のお兄ちゃんたちが挨拶をしながら入って来、お店のおばあさんといろいろな世間話のやり取りなどをしているようすを見たことがあります。

東京人は見知らぬヒトに挨拶さえできないほど、心が病んでいるんだと実感したのはそのときでした。

ご縁があって嬉しい! 早速、いっしょに行った外国の友人にも報告したいと思います。ようやく胸を張ってこの議論ができる。

今までは日本政府や仏教界(中国との繋がりが薄いところはHPなどで声明を出していましたが)のあまりの事なかれ主義に、草の根しか道はないと思っていました。日本の仏教界にも良心があったこと、これは本当に嬉しいです。

これから、テレビの生放送に出演された大樹玄承師が、宗派内でもバッシングを受ける可能性も非常に高いと思います。(テレビの中でもご自身でそうおっしゃっていました)何かできることがあればやるつもりです。情報求む!

関西のテレビ番組は関東のものに比べ、締めつけが少ないせいかよほど突っ込んで議論しているところが素晴らしいですね。次は関西に住もうかしら(笑)

|

« いい天気だな~ | トップページ | 難しい話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508562/40774929

この記事へのトラックバック一覧です: 天台宗の別格本山「書寫山圓教寺」が動いた!:

« いい天気だな~ | トップページ | 難しい話 »