« 携帯買った | トップページ | DVD »

2008/08/04

渋谷のセンター街のど真ん中で

土曜日の夜に 交通整理をしていたことがある 学生時代のアルバイトだ 

工事現場警備員 というやつである(笑) 

渋谷に事務所があったんだが そこの所長にけっこう気に入られて 顔を見るたびに おまえオモロイから吉本に紹介してやる 絶対ヨシモトがあっている とか オイ、ヨシモト! とかよく言われていたんだけれども 丁寧にお断りもうしあげたんだけれども ナカタさんつったかな ナカヤマさんだったかな ナカダ所長、だったような気がするな

ある日 ヨシモト、夜何時までいいんだ ときかれたので そーですねえ 9時半までで渋谷なら と答えたのがウンのつきではあったのである(結局10時半までかかった)

土曜の夜のセンター街なんて 当時でも 人がうじゃうじゃいた場所だ

交通車両が行き来するので 道行く人並みに向かって すんませ~ん 車両出マス~ 危ないっすから下がってくださ~い とか こちらからどうぞ~ とか 時には大群衆にストップかけてミキサー外に出したり 当時はセンター街を行き来していた車両を止めたりなんだり していたのである

そしてなぜかその現場は 異様なほどに工事車両の出入りが多かった(笑) 

やーさまの車も止めたし 真っ黒な窓に向かってゆっくり行ってもらうように交渉したりもしたし(笑) 十代のわたしのバイト生活はなかなかすごかったのだ

たたた たーいへん。 だったんだけど おもしろかった 終わったときには汗だくだったんだけども。

社会に出て三年の経験で その人の仕事に対するスタンスって決まってしまうそうだが うちがボンビーだったので アルバイトを始めたのは高校2年生から

とはいえ門限が9時10時だったので さすがにいまどきのお嬢様のごとくキャバで働くなどということもせず ヘルメットと鉄板入りの靴をはいて ピッピと笛をならし 腕を振り回していたこともあるわけである (このときはとりあえず健全に(笑)仕事だったので門限破りは許してもらえた)

なあんでそんなことを思い出したかというと 今日 年金特別便のダイヤルに問い合わせたんだよね

態度悪りぃ~ わけよ
おまえ 仕事で怒鳴られたことなんで一度だってねーだろ! ってな感じで しょっぱなからタカビー臭ふんぷん。

おい 人生苦労しろよ~ 他人様にはそれなりに礼を尽くせよ~ こりゃあんたらのミステイクだろうがよ~ そのためにこっち時間使ってんじゃねーかよ~ はっきりいってあんたらがしっかりしてればこんなことしなくていいんだぜ? 問い合わせろっていうから聞いてんだろが こちらではわかりませんとかいう態度はねえだろうがよ~! 調べろよ~!

と いささか腹が煮えたのだが そこはそれ ありとあらゆる困難に打ち勝ってきた(笑)わたくしのことですので とりあえず要求どおりしらべものもしてもらい 最後はお互いにこやかに電話を切ったのである

で 思い出したのね 最初の三年で 仕事に対する生涯のスタンスが決まる。 なんて話を。

怒鳴られて育った子どもは卑屈にもなろうというもの おんなじことが実は仕事にも云えるのかなあ、なんてこと。

みんなはどう思う?

|

« 携帯買った | トップページ | DVD »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508562/42062112

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷のセンター街のど真ん中で:

« 携帯買った | トップページ | DVD »