« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月の20件の記事

2008/10/27

ひどい風邪ですじゃ……

いやー めっぽうひどい風邪にかかってしまっています 一週間経っても治らん つうかずーっとだらだらと微熱があったのにダメの一押しされたみたいな高熱……(笑)

基礎体力がないっつうのも治りの悪さの一因じゃあると思うんだけれども やっと熱が下がったと思ったらこんどはゼイゼイ云っています 今年の風邪はなんだかパワフルです みなさんもお気をつけて~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/24

備えあれば……

さるカナダの大学で風邪菌の殺菌作用があると実証されたらしいマヌカハニー
大好きな生協で買い込んでいたのでここんとこ毎日服用しています

といっても 寝る前にひとさじ舐めるだけなんだけれども。

はちみつは殺菌作用があるというので なんかあると肌なんかにもよく使っていたんだけれども
風邪菌に効果があると聞いちゃあ 実験せずにはいられません

効果のほどは? 

うーん わかんないけど 痰が絡んだ重たい咳をしているわりに喉自体は痛くないかも?

ちなみに 風邪に効くのは「マヌカ」ハニーだけらしい。

ニュージーランド産のはちみつだそうだ。殺菌作用に優れているというので お手製の肌水作るのに購入し ちょびっと入れたりしていたんだけれど。

別にマヌカハニーじゃなくても オートミールのミルクはちみつがけは大好きなんだけれども 買っておいてよかったかも?? 顔を洗う時に使ったり パックにしたり はちみつはいろいろと使い勝手がいいわけよ。 マヌカハニーは高かったので 肌水専用にしてたんだけど 意外な効果があったみたい。

あ はちみつといっても ニセはちみつも多々出回っていますので 表示はよく見て探してね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/23

冷えは万病のもと

というので 今日は腰湯です。

けっこう熱めのお湯に10分つかってみました。汗かいてだらだらです。 お風呂前に二杯 お風呂あとにも二杯お水を飲んで汗をかきやすいようにしてみました

足湯にしても腰湯にしても、下半身に溜まった血液が循環するから身体にいいんじゃないのかなーと思っています。なんといっても 足湯腰湯すると 下半身の血液があったまった感じがするもんね! それが心臓にめぐって 全身にめぐって 血の滞りなどを がーっと解消するわけです。 もしかしたら肩凝りにもきくのかもしれないね?

ここに アイスクリームがあったら最高なんだが……

まあ 贅沢は言わず おとなしく寝ることにします お休み!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/22

風邪だ~

激しかった三日間が終わった瞬間に風邪引いてしまいました

こうなったら 汗をかいて風邪を追い出すしかない……
というので ふとももまでの足湯を。

ホントは風邪の引き始めにやると一発で治ります っていういわくつきのものなんだけれども ひき始めはダルダルでフロ入らずに寝てしまったので……

これやると ものすごい量の汗かくんだよね。

1、両脚太ももまであっついお湯で5分足湯
2、引きあげて色の悪いほうだけをもう一度5分足湯
3、布団に直行して寝る
4、汗をかいたら寝巻きを変えて寝る

今日ももういっぺんやってみます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/20

焦る^^;

つい三年くらい前に世界の人口は六十四億と思っていたら……

world clock

いつの間にやら六十七億人に増えていました(キャアアアアー)

このワールドクロック 刻々と移り変わる地球上のいろんな数字を映し出してくれるのはいいんですが 見ているうちにとてつもない焦りが沸き起こってくるという奇妙な代物なんですなあ

昔 確か最初にAの文字がつくナレーションの一切ない映画で 雲が早送りで流れていくとか ニューヨークの交差点の早回し映像とか オスメス鑑定されたヒヨコがポイポイ仕分けされて 機械に載せられてダーッと動いていくようすを映し出したりとか……(もちろん食用に飼育されるのさ) 

ありゃーなんていう映画だったかなー? 最初から最後までそんな風景が流れて約一時間半あまり 友達といっしょに見て最後に深々とため息をついたことがあったんだけれども それを見たときの感覚に近いものがあるね

秒針一秒の重さというか 圧倒的な数に対する恐怖とか 世界そのものの途方もなさとか 人類って種とはなんなんだろう こんなに増えてどうするんだろう、とか ひいては自分が生きているってどういうことだろう とか そういったもろもろの ふだんは 日常に追われて考えもしないことを ふっと考えさせられて……

……そいでもって見ているうちになんだかすごくアセった気分になってくるんだよねえ~

なんでそうなるのか究明してみたいんだけれども (これはわたしの反応であってそうじゃない人ももちろんいると思うので) わたしの場合 見ているだけでめまいがして焦ってくる(笑)ので 究明まで行かないのが辛いところなんだけれども

そうだな 迫力を感じるのかなあ 人間という種の持つとほうもなさに対する畏怖というか。 むずむずするような尻の落ち着かない感じ? それも嬉しいふうじゃなくて追い立てられているかのような…… 

そう、知らないでいたほうが幸せなことのひとつである場合もあるかもしれないよね(微妙な言い回しだな(笑))。 事実に直面して耐えられるだけの自我が確立しているかどうか 試されちゃったりしているのかもしれないし(わたしの焦りもそういうことなのかなあ……?)。 それでも 人間は好奇心のかたまりでもあるんだよねえ~……

もしかしたら パニック発作とか フォビアとか そういったものに近いものがあるのかもしらん。

みんな どんな気分になるのか聞いてみたくて載せてみました 具合が悪くならないていどにどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/19

激しい二日間

ああ 月曜日も激しくなるので 「激しい二日目」、かな。

昨日は大学の臨床心理学実習に行って無意識の世界を触ったあとに Iまおかさんの還暦ライブに行ってきました(写真見たい人いる?) 

いMおかさんというのは ふだんはダンディでものやわらかな社長さんなのにも関わらず 女装ビスチェでメイクのうえ美尻まで見せつつ 昭和歌謡をパンクロック仕立てでパフォーマンスするという すごいおじさまなワケです。 昔々はSFマガジンという雑誌の編集長を最年少で引き抜かれておやりになっていた方でもあります

そこで チェリーボム! と タテのりして 飲みまくって 写真とって 帰りは友達とお茶してたら 終電逃しちゃった!

ので 結婚式で北海道から着いたばかりという大荷物を抱えた女性を捕まえ タクシーで相乗りして帰ってきたのですが(笑) 昼間は無意識の世界にまで手をつっこんじゃったもんで 布団に入ってももんもんとして眠れず 

明け方にようやく寝たと思ったら 中国の仙女伝説風なのと 子売りする親の話しと 駐車場のような職場で次々と他殺体が見つかって刑事がやって来るというような わけのわからぬ夢を三本立てで見て 二日酔いの頭をガンガンさせながら また二日目の授業に出かけたわけです

そこで最初の授業がまず ジェンダーのバイアスチェック(笑) どんな色のジェンダーという色眼鏡をかけているかを調べる作業です。 前夜に女装のおじ様の歌声に熱狂してタテに乗っていただけにこれは強烈です

わたしは両親とも九州なので 意識的には親からの洗脳への反発心から かなりすすんで考えているほうなのですが 実際の行動や感情の部分では 親の価値観に取り込まれたままになっている部分がありますんで それなりの結果となりました

そしてお次がライフライン。

自分の一生をX軸を時間軸 Y軸を0から100のパーセンテージ軸にしてあらわし、過去はすでにあったものとして、未来はこれからこうなるだろう、こうなったらいいなというような感覚で作るんですが これやるといやおうなく「自分の死」というものに直面せざるを得ないわけですね。

そこでわたしの場合 自分の死についてはどうでもいいんですが 母親が自分で好きなものを食べられなくなったら延命措置はしない という約束を交わしてしまったので 最悪 人工延命装置のボタンを切る役目を果たさねばならない可能性があることを思い出しちゃったわけですね

やるとなったら――平均寿命まで母親が生きると仮定して、わたしが60前後か。 

ライフラインを作るまでは 現実的な年齢は想定していなかったので、そうか わたしがいまOかさんの年を少し超えたくらいになったらそういう事象に行き当たる可能性があるということだな と ヒジョーにビミョーな問題が急に身近にせまって意識的に感じさせられちゃったりしたわけです

うううーむ。濃いい。濃ゆいぞ……

なんかこの二日間で 一気に十年年取ったような気がするくらい激しい二日間でした……

ま そういうわけで明日も激しいので さっさと寝て もう一日がんばります~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

にゃんと。

ふー お疲れピー と思いながら 4階までの階段を上がって 我が家につづく廊下へと一歩踏み出したところ うちの玄関前に座っていたノラにゃんこが ぎくりとふり返った

なんと これはまたケタイな。はぢめてのことぢゃ。

昔 マンションの上~のほうの階で ばったり行き逢ったノラ猫二匹が ふにゃーんと雄たけびあげながら次々と地上に向かって飛び降り生死不明 という恐ろしげな話をM上さんに聞いていたので(M上さん元気~?) つとめて殺気をゆるめ 互いにしばしにらみ合い(笑) 

待つこと1分 にゃんこはわたしに敵意はないと察したのか廊下の脇をおそるおそるすり抜けて後ろに回っていったのである

そこで背後に視線を感じつつ ゆるゆる歩いて家の前に行き ドアを開けたのだが そこはそれ ドアはあけっぱでようすを伺ってみたりするワタクシ

顔を コソっとドアの脇から出した瞬間に にゃんこも物陰から顔を出す。 こっちを見ている 

しばし待たれい。 待たれい! うぬは敵か味方か~ いざ! いざ! いざ!

という雰囲気でこっちを伺っているらしいのがオカシイ 

しばらく知らん顔して部屋に入ってまたソーっと覗いてみる。 にゃんこもまた物陰から顔を出すわけさ(笑)
うーん これは 遊んでやってるんじゃなくて わたしが遊んでもらってるんだな猫に。 やっぱり(笑)

腹減ってんじゃないのかなあ~と思って じーっと見つめられながらも 廃棄物のフタにミルク入れて 扉からはちょっと離して置いてみた。 朝見たけど 飲みには来なかったみたい。 ま いいや 青ネギの肥料にするし(笑)

うちの前にうぞめいていたのがイモムシいも子ちゃんだと ぎゃああああ! と 夜中だろうがなんだろうが叫んでいたところなのだが この扱いの違い……(笑) 愛って差別なのねえとシミジミ感じた夜でしたことよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/16

ある日の母子の会話

とある事件について話していた日の会話

母;お母さんとあなたは口でケンカするだけで済んでよかったわね~ ホント あなた、お母さんに殺されなくて良かったわね~
子;……お母さんも、わたしに殺されなくて良かったね~
母;うわっははは~
子;(冗談だと思ってるな……)


またとある日の会話

母;顔がかぶれて痒くてたまらないのよ~
子;皮膚って云うのはひとつの感覚しか感じないから 痒かったら ぶったり つねったり 冷水で冷やしたりすれば痒いのはおさまるよ。氷あてれば楽になるんじゃない?
母;んまーあなたってなんて賢いの いったい誰の子かしら~
子;まあああああ~ お母さまの子に決まっているじゃないの~ うふふ~
母;うふふ~ふふふ~
子;うふふふふふ~
母;うふふふふ~

すいません。昔 本気でふた親殺すつもりだったことがあります(爆) 思えば遠くへ来たもんだ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/15

うぬう。行きたい……

ダライ・ラマ法王 2008年東京講演

アリーナなんかじゃなく 末席でいいから一生に一度は行きたい ダライ・ラマの講演会…… しかし なぜに平日の昼間なのだ(涙) これじゃあ 午後休とらないと行けないんじゃないかよ~

まあ でも ダライ・ラマはあちこち諸外国に出かけて(以前は中国にも出かけて)講演会を行ったりできるけど アウン・サン・スーチーはいまだに自宅軟禁状態でいるわけで……

昔 南米のとある国のとある民族の独立を勝ち取った指導者という人に お目もじかなったことがあったんだけれど にこやかでとても優しい雰囲気のおじさんだったんだけれども 独立運動のものすごい闘士でならした人で 表面は静かなのに深い水底では激しく水が渦巻く湖のような印象を受けたことがある 

同じ人の子が 犯罪者になり 抑圧者になり 指導者になり 社長になり ひきこもりになり 奉仕の人になりする

何が・どこが・なぜ・どうして違ってくるんだろう……? と いつもとても不思議に思う

人生とは経験であると哲学者は言う。 
人間の病は渇愛であるとお釈迦様は言う。

人間社会の根本の病は不足の観念(コンプレックスともいうかもな)かなあ~ とわたしは思ったりする

まっぱだかで戦争してみろ、馬鹿らしくてやってらんないから とジョン・レノンは云ったけれども 賛成だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

おかいこさま

うちのミシンは ドンキーでかった2000円也のおもちゃミシンなんだけど けっこうステキに動くのね (絹を縫ってつれなかったっていうのは感動的だよ) で ミシンって語源はさー マシーンなんだよね……

昔 プリンスエドワード島に行ったとき 赤毛のアンとモンゴメリーに関する家をあちこち巡ったんだけど
とある家に 古いミシンが置いてあって それにマシーンって書いてあったのさ それで 日本にやってきたとき マシーン→ミシーン→ミシン という音変化があったんだなー と思って感動したんだけど

ミシーンができて それまで手縫いだった被服の作業が 飛躍的に増大したんだよね

それでも 原材料になるのは 綿や絹だったわけでしょう 昔は

絹糸の手縫いで繕い物をしているときに そうかー これはお蚕様の命をいただいて作られた品物で(さなぎを茹でるんだよな確か) だからこそ昔の人は 絹を大切にしたんだなあ…… なんてことを考えたりもしたわけ そう思うと 縫いあまりの長い絹糸も簡単に捨てたりできないなあ~と

今はなんでも便利になってるけど 今のままの状態を続けようと思ったら 地球が4個ないと資源が足りないんだってね

冷凍のえびしんじょを電子レンジでチンして食べながら ふともの思う秋の日なのでありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

一年分(笑)

裁縫をした気がする今回の連休。 

つっても十年以上ぶりに三河芯を襦袢につけたりするつうことはやり方なんかすっかり忘れてるんじゃん。 今回うそつき(作りかけ)だとか 枕作ったりとかもしてたんだけど 

そんなときにお役立ちなのがインターネットというやつで ちょうど着物を着ていたころとインターネットを始めたころってかぶるんだけれども 

当時は検索しようにもネット人口自体も少なかったし 着物の着方とか襟芯のとりつけかたなんて画像を載せられるような環境じゃなかったんだよね 電話回線で繋いでたんだもんなあ~ 動画なんてとんでもなかったよな(笑) そういやカプラーってのもあったけど あれはいったいどうしてネットに繋げられるのか10年経ってもわかんないけども(笑)

そのころになんかのビジネス書で読んでほほうと思っていまだに忘れないのは 二十一世紀は 情報をどれだけ知っているかではなくて いかに欲しい情報を探し出せるかという能力で勝負することになる って奴。ここまではなるほどと思って感心していたんだけれども。そのあとがよろしくなかった。

それゆえ情報自体に価値が出るから 情報を入手するためにお金がかかるようになる
情報が金銭で取引されるということは 富裕層と貧困層での情報格差が生じる 

とかつづいていたんだけれども そんなの 古代から当たり前に現代に引き継がれてきた事実なので(教育なんか最たるもの) なんか上から目線で話しやがったくせに平凡な話で落ち着かせやがってと思っていたんだけど

メディアリテラシーつう言葉があるね。

#メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、情報メディアを主体的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。「情報を評価・識別する能力」とも言える。(by Wiki)

要するに ゴミやプランクトンや魚が雑多に混在している海であるところのインターネット情報の真偽を見分けたり 短い時間で必要な情報を引き出すことができる能力があればいいんじゃないかな~ と思ったりするわけ

この魚を取るには ここに網を張れ! とか キンメダイはタイではない! とか プランクトンの大群は冬の北海で大発生! とかそういうノウハウがさ(笑) あるていどありゃあいいんじゃんと。

人生は壮大なる暇つぶしである とかいう言葉を聞いたこともあるし(笑) どうせ暇つぶしにちょっとやりたい気分になったことをやるんだからさ 壮大な書庫の蔵書を探す気分でインターネット使えばいいと思うわけよ

ええ ネット中毒は自覚しております(笑) 下宿中は二年間ネットから離れてたけどいったん繋ぐともう前から離れられないねえ~ 目を大事にしよっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

QOL

生活の質って奴ですな。

第一に やりたいことがあること。 QOLを考えるときにはこれが必須だと思う。だってやりたいことがなんもなかったらどんな質の生活を送りたいのかがまずイメージ不可能になっちゃうから。

第二に やりたいことをやろうとする気持ちがあること。 これは金銭的時間的問題も関わってくるから一概にやれるとは言えないんだけれども、最低限気持ち的にやる元気がなければどうにもならないと思う。

第三にやりたいことをやるための行動。 これについても結果はどうでもよろしい。どんなにささいなことでもやりはじめれば大丈夫。と思う。

一口に quality of life を高めると云っても この三つがそろわないとどうにもならない、とわたしは思っている。

そういうわけで 今日は アイロンがけと手縫いと着物の畳みなおしと買い物とミシンがけに費やされた一日であった…… わたしの定義するQOL的には充実していたということにしておこう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

まあ 茶でも一杯

作業完了! といってもえり芯がないのに気づいちゃったので半襟は明日か明後日やるつもり。

つうことで さてと カッフェーでも。 と思ってふと見たら ばあさんの形見分けの急須が。
ワフーなことしてたから和風で行くことにして 緑茶飲んでみました。 ビタミンCいっぱいなんだよね?

で 思い出したのが わがチチの思ひ出……

食後のお茶出しはわたしの担当だったのである マミーがやりゃいいじゃんか~ といつも思っていたのだが マミーは食後の果物を用意するのに忙しかったのだ

実は緑茶は10年以上飲めなかった 好きなんだが 飲まなかった 出されればいただくのだが 抹茶はたてても 自分で緑茶は入れなかったのだ

ところが ばあさんの急須と湯飲み茶碗セットが届いて なんとなく 自分のために入れてみたところ
ああ~ こりゃトラウマだったんだな と了解したわけ

急須でお茶を入れる作業自体が 家族の思い出に直結している それを見たくなかったんだなあ~ と。

急須を使ってお茶を入れるっちゅうことは わたしにとって なつかしくもあり 恨みもあり 悲しくもあり 怒りもあり と 非常にフクザツな感情を呼び起こされることなのであった

まあ でも 父親の気分になってみると わたしから入れてもらったお茶はまちがいなく大変おいしい甘露だったに違いない~ とふんぞりかえって思うことにして これからは ばあさんの急須で自分のために茶を飲みまくる所存である

ええ ホトケに逢ってはホトケを殺すんですよ もちろん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

夜なべ~をして~♪

っつうわけでもないけど 夕べは書き物もせずかなり入れ込んでちくちく作業をしたので 3/4が終了。

この勢いで 今夜は夜なべして(昨日もしてたんだが)ぐあーっと終らせて 週末は着物の練習をするぞ! とにかく二重太鼓テクを復活させるぞ! と 決意を新たにしている (そう 着物系をちくちくしていたのだ) あ 半襟つけなきゃ。 休み中にまた熱とか出なきゃいいんだけどもね。

このブツに関しては しばらく前からハンガーにかけて 縫わねば やらねば 継ぎ足さねば と目にするたび強迫観念的に思っていたので 朝起きて ハンガー見あげて まあまあの出来にひとりほくそ笑んだのであった えへへ。

でももうあとちょっとがメンドクサイから アイロンで溶ける糊使ってくっつけちゃおうかな~ とも思っている

ええ 適当に手抜きをしたほうが いろんなこと気楽にやれるものですってば(笑) Easy easy.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/09

ちくちく。

調子が悪いときにやるのが裁縫である それもちょっと上向きになったころあいに 気持ちが裁縫チックになるのである

そういうわけで 長年の懸案だった作り直し縫製を行っている
これは買ったはいいが ちょっとだけ丈がたりなかったり 裄がたりなかったりしたもので こうしたら ああしたら使用に耐えるようになる というのはわかっていたのだがなかなか手が出なかった代物なのである 

ミシンでがーっとかけるわけもゆかないものなので 手縫いしている 
ちくちくやっていると とても いじましい気分になって 悲劇のヒロイン気分が味わえちゃったりするのだ

かああ♪さんが~ 夜なべーをして……♪

これは手縫いに限るのである。

でもできあがると かすかにやったぜ気分が味わえちゃったりもするのである

変な趣味? つうか 現世に復活するためのリハビリ? 作業療法? (笑)
なんでもいいけど ちくちく魔人になったので そろそろ復活する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

沙粧妙子最後の事件

を 一話から通して見た これは再放送不可のドラマらしくって わたしゃーかなーり大好きだったんだが 十年以上たっている上 一回しか見てないのに いろんな場面を良く覚えていて 我ながら感心してしまった

これ スマップの慎吾ちゃんが サイコーにいい犯人役やっていたんだよね♪ 笑顔が不気味な連続殺人犯。 最後に プールに飛び込んで自殺しちゃうんだけれども 薔薇の花びらのなかでプールに浮かんでるプロモ 覚えている人も多いんじゃないかな~?

浅野温子が かなり年取っていると思いながら昔は見ていたんだけれども 今見るとそうでもない こちらが年取ったせいかもしれません(笑)

スペシャルドラマのほうでは わたしのつよぽんが出ているのでそっちも見たいなあ~と思っちゃったりして。 そうそう一場面だけわたしは覚えているんだけれども ドラマには出てこない場面があったのでそれはスペシャルのほうで出た場面なのか そうじゃないのかも確かめたいんだよね~

サイコホラーサスペンス好きにはたまらないドラマでしたが こういうの またやらないかなあ~ 見てない人はせめて うつくしかったころの慎吾ちゃんを見るためにも 4話までは必見(笑)です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

うわは~

また風邪ひいてしまいました 48時間中 35時間寝ていたという……(爆) 今年に入ってから記録更新しまくりなんだけど 最高記録一度も目覚めずに36時間にはまだ及んでないな 何回か目が覚めたから

おかげさまでなんとか元気になったけどまた明日から仕事なんだね…… はふー。

みなさまも風邪にはお気をつけあそばせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/03

お散歩レオ様

わたしが遊びに行くと いらっしゃ~い ペロペロペロ ようこそ~ ペロペロペロ と 両肩に手をかけて 口にチューをしてくれるイタリアングレイハウンドのレオ様

でもね でもね さいきん お昼時は お昼ねしていて起きてくれないのだ

サビシイ~

そういうわけで 今日も会えなかったんだけれども なんと 今日は10時ごろから2時間たっても帰ってこないのよ~ とタバコ屋の大きいお姉さんがおっしゃるのであった

おーい いったいどこまで散歩に行ってるんだよ~……

たぶん 皇居まで行ってるのよ~ とは タバコ屋の大きいお姉さんの言

ちっちゃい身体でスタミナ抜群なんだなあ。 両足骨折しても 治ったら 走る走る走る 生き物ってすごいなあ 若いって元気なんだなあ~

ちょうど 午前中がお散歩タイムで 戻ってきたら即ひるね たまに 3時ごろに行くと 口チューしてくれるんだけれども そうそういつも3時ごろに行くわけにはゆかんのだよキミ

そういうわけで わたしゃサビしいんだぞーい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

ばあさんの着物

が 全部わたしのところに来ることになった

着物ほしがる親戚がいなかったのだ……

幼少期のわたしの野望の一つに 30代になったら 毎日着物で過ごす~ というのがあったのだが

20代半ばで 毎日着物で過ごしてしまって 早めに欲望が満たされてしまったのと 近年は ブームのせいもあって かえって着たくなかったのである (ハイ へそは曲がっています(笑))

あれもこれも いいもんばっかりなのはわかっているので 食べ零しのシミなんぞつけた日にゃ 手入れが大変そうだなあ~ と思ってちょっと憂鬱なのだが まあ これもなにかのご縁なのでありがたく頂く予定。

そういや わたしの振袖 年とっても着れるようなシブめのレンガ色選んだんだけど 袖切ったら着れるのかな~?

まあしかし とりあえずの課題は 二重太鼓がナナメらないようにまずは帯結びの練習ということになりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

ふしぎなご縁

今日はふだんよりちょっとだけ早めの電車に乗って会社に行ったんだけど いつもとある場所で乗換えをするのね。 

そしたら あれ? 向こうから歩いてくるあの人 あの大きなお姉さんは わたしはどこかで見たことがある、間違いなく…… どこだっけ??

と思ってよくよく見たら ここ半年ちょい超えて ずっとお世話になっている病院の(ヤブ医者じゃないほう) 受付の大きいお姉さんでさー 白衣じゃなくて ピンクのシャツだったから 一瞬誰だかわかんなかったんだよね(笑)

あちらも 顔をあわせて まああ奇遇 という感じで。

大きいお姉さんのほうは 実はひとつ前の駅でほかの線に乗り換えて仕事場の病院へゆくはずだったんだけど ボーっとしていて乗り過ごしてしまったんだって。

で 実はその病院は隠れた名医で 患者さんが患者さんの口コミで増えていく先生なんですよ~ とか教えてくれて。 わたしゃ 単に近所だから行っただけだったんだけど こっちの病院はアタリを引いたらしいです(笑)

最初に問い合わせの電話をかけたとき対応してくれたのも その大きなお姉さんだったし なんとなく 一駅ぶんお話しながら電車に乗ったんだけれども ちょっと早めに出たのも今日に限ってだし ふしぎですなあ~

なによりいちばん驚いたのは 大きいお姉さんが わたしの顔と病状を覚えていたってことでね~

世の中 こんなふうにちゃんとお仕事されてる方もいらっしゃるんだから やっぱ捨てたもんじゃないのかな! と思ったよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »