« QOL | トップページ | おかいこさま »

2008/10/13

一年分(笑)

裁縫をした気がする今回の連休。 

つっても十年以上ぶりに三河芯を襦袢につけたりするつうことはやり方なんかすっかり忘れてるんじゃん。 今回うそつき(作りかけ)だとか 枕作ったりとかもしてたんだけど 

そんなときにお役立ちなのがインターネットというやつで ちょうど着物を着ていたころとインターネットを始めたころってかぶるんだけれども 

当時は検索しようにもネット人口自体も少なかったし 着物の着方とか襟芯のとりつけかたなんて画像を載せられるような環境じゃなかったんだよね 電話回線で繋いでたんだもんなあ~ 動画なんてとんでもなかったよな(笑) そういやカプラーってのもあったけど あれはいったいどうしてネットに繋げられるのか10年経ってもわかんないけども(笑)

そのころになんかのビジネス書で読んでほほうと思っていまだに忘れないのは 二十一世紀は 情報をどれだけ知っているかではなくて いかに欲しい情報を探し出せるかという能力で勝負することになる って奴。ここまではなるほどと思って感心していたんだけれども。そのあとがよろしくなかった。

それゆえ情報自体に価値が出るから 情報を入手するためにお金がかかるようになる
情報が金銭で取引されるということは 富裕層と貧困層での情報格差が生じる 

とかつづいていたんだけれども そんなの 古代から当たり前に現代に引き継がれてきた事実なので(教育なんか最たるもの) なんか上から目線で話しやがったくせに平凡な話で落ち着かせやがってと思っていたんだけど

メディアリテラシーつう言葉があるね。

#メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、情報メディアを主体的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。「情報を評価・識別する能力」とも言える。(by Wiki)

要するに ゴミやプランクトンや魚が雑多に混在している海であるところのインターネット情報の真偽を見分けたり 短い時間で必要な情報を引き出すことができる能力があればいいんじゃないかな~ と思ったりするわけ

この魚を取るには ここに網を張れ! とか キンメダイはタイではない! とか プランクトンの大群は冬の北海で大発生! とかそういうノウハウがさ(笑) あるていどありゃあいいんじゃんと。

人生は壮大なる暇つぶしである とかいう言葉を聞いたこともあるし(笑) どうせ暇つぶしにちょっとやりたい気分になったことをやるんだからさ 壮大な書庫の蔵書を探す気分でインターネット使えばいいと思うわけよ

ええ ネット中毒は自覚しております(笑) 下宿中は二年間ネットから離れてたけどいったん繋ぐともう前から離れられないねえ~ 目を大事にしよっと!

|

« QOL | トップページ | おかいこさま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508562/42778705

この記事へのトラックバック一覧です: 一年分(笑):

« QOL | トップページ | おかいこさま »