カテゴリー「音楽」の6件の記事

2008/06/23

はまってる曲

マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
http://jp.youtube.com/watch?v=Ae1NfktyPjE

いや~ すごい好きなんだよ この曲

でもずっとタイトルわかんなかったの
中居くんの「白い影」つうドラマで使ってて……(原作は渡辺淳一「無影灯」)
うーん とにかく好きなんだがタイトルがわからん!

というので 検索したら
出てきた! おお! やった! 出た!

というので48時間……にはならないな ずっとかけっぱなしなのである 
夜眠るときも睡眠学習のように(笑)

セツネエ曲なんだが…… ドラマ性もあり なんかもやもやと沸きいづるものがあるんだよね~ この曲って……

というわけで現在カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲とのデート中である

ううん ここにはいったい何があるんだろうなあ~?

---------------
……って 公開日時まちがえて指定してたみたいなんで23日で送り込みます~
なんか こないだも鍵さしたまま寝てたしなあ。 どうもいかん ぼけてる
---------------

ちなみに検索語は↓こんな感じ
http://search.live.com/results.aspx?q=%E7%84%A1%E5%BD%B1%E7%81%AF%E3%80%80%E7%9B%B4%E6%B1%9F%E3%80%80%E4%B8%AD%E5%B1%85%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF&go=&form=QBRE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

心のよりどころ

どっちかというと 子ども時代は 歌謡曲とかポップスとかジャズ育ちなんだけど クラッシック――特にピアノ曲っていうのは 聞くだけでフワーッと心が軽くなるときがあるんだよね うん

むかしカナダをぐるぐる一人で回っていたときに 貧乏なのと荷物になるので 車にはチェットベイカー含め 和製ジャズと 人から貰ったボサノバと 三四枚しか持っていなかったんで そればっか 何百回も (いや多分それ以上だな……) 聞いていたんだけど

やっぱ さすがに 飽きちゃったりもするわけよ そいで 町ではラジオも聞いていたんだけど ある日 ハイウエイで移動中 町が近づいたときにふとチャンネルを合わせると……

ニュースにポップスにロックにホッケー中継…… そして聞こえてきたのがクラッシックのピアノ!

その瞬間 しみじみと オ~ワッタワンダフォ…… と思っちゃったりしたわけ こう 言語を超えてね(笑) 非常に なんというか あたたかいものが胸の中を流れたというか

当時日本語を一切使っていなかったっていうのも クラッシックが胸に染みた一因かもしれないけどね―― 日本でも聞いたことのある曲に対する郷愁と あいまったのかもしれないし

なんてちょいと分析なぞもしてみるのだが こういう体験があるので さいきん クラッシックのCDを取り出して聞いている そう 心の平安を求めて(笑)

音には 胸の奥底に秘めた何かを 呼び覚ます力があるんだよなあ と思う 

久しぶりに その何百回も聞いたCDでもかけてみようかな…… いや~ しかし そしたらまた旅愁が呼び覚まされて どこか遠くにブイブイ行っちゃうかもな!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

少し元気になったかな……

まだちょっとふらつくけど 
気をつけていればなんとかだいじょうぶ

バリバリ元気に行けないので
何をするにもようすを見ながら
まあ でも自転車に乗れたから
じょじょに回復しているのはまちがいない

動作はのろのろしているし
1.3倍くらい時間がかかるから
いらいらもするんだけど

でもそのほうが落ち着いて見えたりするさ~
と自分に言い聞かせつつ

体がタテになって とりあえずは動けるようになったんだしな

いや~ もう 四畳半先のおトイレが 
はるか数万光年の彼方にあるような体験っていうのも 
しないよりするがマシさ

頭あげられないから 背中でズッていったと母に話したら
即座に「トロントタワーの時みたいに?!」と大笑いされた

立てなかったら這ってゆけ 這えなかったら背中でズれ
蛇少女は逆さになっても負けないのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/16

美輪明宏の音楽会に

行こうよ~ と言う話がだいぶまえから出てるんだけど

七月にあるみたいなんだけど全部地方なんだよね~
やっぱり関東は秋まで待たなきゃだめかもなあ
また わかったらここにかくよ れいさん 波留さん


昔 どんな歌い手になりたいんだ と聞かれたことがあって
美輪明宏……のような と答えたら笑われた、と前にも書いたんだけど

そのときに「長崎の歌」がいいよ といわれていたのをようやくCDで聞いた
たぶん「長崎育ち」ってやつだと思うんだけども

リリカルな歌詞だった なんとなく 子守唄のようなふんいきの曲で
戦争が始まる前の長崎を 美輪さんの幼年期の時代の情景を 
今はもう失われた長崎を なつかしく歌った歌なのだろうという感じがする

せつない歌だなあ と思った あの長崎は二度と帰ってこないのだから

その幻の長崎を愛した聞き手がいる 不思議だなあ と思う


美輪さんの歌 いまさらながら 銀巴里で聞きたかったなあ……!


---------------
と思って今見直したら 大宮で7月14日にあるらしいよ~
とはいえ 7月14日はわたし 予定が入っていて行けそうにない……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

ネイチャー・ボーイ

とても不思議な魅力を持つ少年に逢った

国を超え 海を渡り 旅をしてきた少年だった
恥ずかしげで哀しい瞳を持つ しかし 智慧に満ちた少年

ある日 魔法のようなその日 かれに出逢って
ふたりで ばか者のこと 王さまのこと とてもたくさんのことを話した

そしてこれが かれが教えてくれたこと

「きみが知るだろう なによりも素晴らしいことはね
 ただ愛して そして愛され返すということだよ」


という歌を チベットを考えるとき 連想する

持ち歌なのでときどき歌う 人によって 三拍子だったり 四拍子だったりで歌うので 譜面も2種類あったりして 実はいまだにかなりとまどいつつ(笑)

一番さいしょはナット・キング・コールが歌ったんだよね デビッド・ボウイも 映画のオペラ座の怪人で歌ってるし わたしは小林桂の歌で聞いたんだよ 

それで この歌うたいたいなあ~と思って練習したら 赤坂はりらきしんマスターのAさんが大好きな歌ってことで 冷や汗かきながら 目のまえでやらせてもらったことがある ホントすみません あ 翻訳後の著作権放棄してないですんで これもスミマセン(笑)


旅をして いろいろな国の人と逢った 自分でも驚くくらい ホント 世界各国のいろんな種類の人

東欧から逃げてきた人もいたし アラビア半島から逃げた人もいた 国を捨てて 体を売って生活している人とも話したし 子どものころに背中に受けた銃弾の跡が今も痛むと見せてくれた人もいた わたしから物を盗んでいった人もいたし 無償で宿に泊めてくれた人もいた

どんな人も どの国で生まれても みんな ただ 幸せになりたいだけなんだ とわかったのは とても大きなことだった


わたしにも なにか できることはあるはずだ そう思いながら 今日も生きてる

早く 国際的な機関の調査が 入りますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

今日は久しぶりに

楽譜の整理など。

もうね~
毎週あるから
すぐぐちゃぐちゃになるんだよね

それに
弾く人によって

こういうふうに書かれると読めないとか
こういうふうに書くのが正しいとか

同じ一枚の楽譜なのに
人によってまさに正反対のことをいうわけ

まさしく
人に左右されると大変なことになる(笑)
という良い勉強になっちゃうのだ


まーねー

中学生にもわかるようにやさしく

っていうのは
何事においても基本だと思うから

字や符号はなるべくおっきめに書いてるけど
それくらいしかできないよなあ……

と思ってるんだけど


そしたら
某りらきしんで
センセが復活!
のお知らせが入った

5月10日(土)14時だって

わたしは今回は
まだ予定も未定だし
歌わないんだけど

誰か行く人いる?


それにしても
すごいひさかたぶりに

楽譜の整理ついでに
まだおこしてなかった
楽譜作りをせこせこやっていたら
お知らせがくるとは~(笑)

毎度のコトながら驚くよ~

続きを読む "今日は久しぶりに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)